ゲニュ アレクサ

前十字靭帯の断裂など膝靭帯損傷後には、通常、手術は避けられません。ゲニュ アレクサは手術後だけでなく、手術をしない温存的治療でも、治癒過程の各段階を最適にサポートしてくれます。望ましくない動きを防止するだけでなく、自分の動きに対する安心感と自信を取り戻すことができます。さらに、術後の最初の一歩から完全に体重をかける段階までをコントロールしながら進めていくことができます。また、この膝用ブレースは夜間や理学療法でのエクササイズ時にも装着していられます。

医師、義肢装具士、患者がゲニュ アレクサを信頼する理由とは?使いやすさです。自己適応性のあるプラスチックシェルは装着当初からユーザーの脚の形に完璧にフィットし、番号付きのストラップを開け閉めするだけなので、着脱も簡単です。工具を使わずに簡単に装着することができるなど、ユーザーフレンドリーな側面から数々の賞を受賞しています。

自動適応プラスチックシェル

ブレースの遠位端と近位端に使われているプラスチックシェルは、ストラップを締めると脚の輪郭に自動的にフィットし、快適な装着感を約束します。

番号付きストラップ

To make the brace easy to put on and take off, the straps are numbered in the sequence they have to be fastened. The brace is versatile in application. A front upper strap is included as an option for easy modifications. It is delivered in the ACL version.

脚の形状を考慮した脛骨パッド

The anatomically shaped tibia pad is height-adjustable and prevents pressure points on the sensitive shin bone. It also prevents unwanted rotation movements.

痛みを伴わない簡単装着

ゲニュ アレクサは足を通さず前面から簡単に装着可能です。

Click-2-go システム

革新的なClick-2-goシステムにより、工具を使わなくても可動範囲を医師の指示で制限されている範囲での素早い調整が可能です。スペーサーを使って膝の幅を調整することができるため、膝の腫れ具合などに合わせてブレースの幅を調整することも可能です。

薄型軽量設計

このブレースは全体として患者の状況をしっかりと考慮して設計されています。体に密着し、衣服の下で目立たないように装着できる薄型設計は患者にとって大変重要なものです。また、患者が最大限自由に軽やかに動くことができるように、ブレースは極めて軽量に仕上がっています(Mサイズ:530g)。

50K13 -

ゲニュ アレクサ

嬉しい治療結果を約束

前十字靭帯の断裂など膝靭帯損傷後には、通常、手術は避けられません。ゲニュ アレクサは手術後だけでなく、手術をしない温存的治療でも、治癒過程の各段階を最適にサポートしてくれます。望ましくない動きを防止するだけでなく、自分の動きに対する安心感と自信を取り戻すことができます。さらに、術後の最初の一歩から完全に体重をかける段階までをコントロールしながら進めていくことができます。また、この膝用ブレースは夜間や理学療法でのエクササイズ時にも装着していられます。

医師、義肢装具士、患者がゲニュ アレクサを信頼する理由とは?使いやすさです。自己適応性のあるプラスチックシェルは装着当初からユーザーの脚の形に完璧にフィットし、番号付きのストラップを開け閉めするだけなので、着脱も簡単です。工具を使わずに簡単に装着することができるなど、ユーザーフレンドリーな側面から数々の賞を受賞しています。

Terms and conditions
使用者グループ成人用
Applicationsブレース & サポート/ (OTS)

ゲニュ アレクサ

前十字靭帯の断裂など膝靭帯損傷後には、通常、手術は避けられません。ゲニュ アレクサは手術後だけでなく、手術をしない温存的治療でも、治癒過程の各段階を最適にサポートしてくれます。望ましくない動きを防止するだけでなく、自分の動きに対する安心感と自信を取り戻すことができます。さらに、術後の最初の一歩から完全に体重をかける段階までをコントロールしながら進めていくことができます。また、この膝用ブレースは夜間や理学療法でのエクササイズ時にも装着していられます。

医師、義肢装具士、患者がゲニュ アレクサを信頼する理由とは?使いやすさです。自己適応性のあるプラスチックシェルは装着当初からユーザーの脚の形に完璧にフィットし、番号付きのストラップを開け閉めするだけなので、着脱も簡単です。工具を使わずに簡単に装着することができるなど、ユーザーフレンドリーな側面から数々の賞を受賞しています。

自動適応プラスチックシェル

ブレースの遠位端と近位端に使われているプラスチックシェルは、ストラップを締めると脚の輪郭に自動的にフィットし、快適な装着感を約束します。

番号付きストラップ

To make the brace easy to put on and take off, the straps are numbered in the sequence they have to be fastened. The brace is versatile in application. A front upper strap is included as an option for easy modifications. It is delivered in the ACL version.

脚の形状を考慮した脛骨パッド

The anatomically shaped tibia pad is height-adjustable and prevents pressure points on the sensitive shin bone. It also prevents unwanted rotation movements.

痛みを伴わない簡単装着

ゲニュ アレクサは足を通さず前面から簡単に装着可能です。

Click-2-go システム

革新的なClick-2-goシステムにより、工具を使わなくても可動範囲を医師の指示で制限されている範囲での素早い調整が可能です。スペーサーを使って膝の幅を調整することができるため、膝の腫れ具合などに合わせてブレースの幅を調整することも可能です。

薄型軽量設計

このブレースは全体として患者の状況をしっかりと考慮して設計されています。体に密着し、衣服の下で目立たないように装着できる薄型設計は患者にとって大変重要なものです。また、患者が最大限自由に軽やかに動くことができるように、ブレースは極めて軽量に仕上がっています(Mサイズ:530g)。

全てのメリットを一覧
手術後の安全性の向上

ゲニュ アレクサのような膝ブレースが、手術後の負傷した膝を安定させ、不要な動きから保護することは長年の経験から立証されています。運動能力や筋力への失った自信を素早く取り戻すことができます。

快適な装着感

膝用ブレースのプラスチックシェルは、初装着時に脚の輪郭に自動的に添うようになっています。洗濯可能なソフトパッドが爽やかな装着感を約束します。高さ調整が可能な脛骨パッドは、特にデリケートな部分を保護します。 

Genu Move

医師が開発したエクササイズプログラムGenu Moveは、膝を痛めた後のフォローアップ治療をサポートし、自宅でのリハビリでも効果を発揮してくれるます。患側の脚の耐荷重、可動性、強度、協調性を回復させることを目的としています。

簡単使用

着脱は驚くほど簡単です。ブレースに脚を通す必要はありません。脚の前に置き、番号順にストラップを留めていけば装着完了です。

使用者の体験

ゲニュ アレクサを装着したジェシカ

Jessica ruptured her cruciate ligament while skiing. The Genu Arexa knee brace is helping her on the way back to everyday activities.

機能​​

How does a cruciate ligament tear occur?

The anterior cruciate ligament often tears during abrupt braking movements where the knee is flexed, curved slightly inward and simultaneously rotated outwards (valgus stress). This type of injury is particularly common when skiing and playing football. The posterior cruciate ligament, on the other hand, tears less frequently and mostly due to powerful external forces.

Therapy after a cruciate ligament tear

The Genu Arexa knee brace is a device for the conservative follow-up treatment of cruciate ligament injuries such as distensions, partial ruptures or ruptures. It is used for injuries to the anterior and the posterior cruciate ligaments as well as the medial and/or lateral collateral ligament. While it is intended primarily for functional follow-up treatment after ligament reconstructions, it is also used for the conservative therapy of chronic, complex instabilities of the knee joint.
仕様

製品情報

使用者グループ成人用
Applicationsブレース & サポート/ (OTS)
機能原理その他
Production組み立て済み
素材アルミ, プラスチック​, 布地
仕様

製品ファイル

製品番号​XXXサイズ用ページ膝周径 A大腿部 周径 B
50K13=L-SS左 (L)32 - 37 cm39 - 46 cm
50K13=R-SS右(R)32 - 37 cm39 - 46 cm
50K13=L-MM左 (L)37 - 41 cm46 - 53 cm
50K13=R-MM右(R)37 - 41 cm46 - 53 cm
50K13=L-LL左 (L)41 - 46 cm53 - 61 cm
50K13=R-LL右(R)41 - 46 cm53 - 61 cm
50K13=L-XLXL左 (L)46 - 50 cm61 - 69 cm
50K13=R-XLXL右(R)46 - 50 cm61 - 69 cm
50K13=L-XXLXXL左 (L)50 - 56 cm69 - 79 cm
50K13=R-XXLXXL右(R)50 - 56 cm69 - 79 cm
ダウンロード

文書

取扱説明書
50K13取扱説明書

647G995=ALL_INT

取扱説明書 | 50K13 ゲニュ アレクサ
Download (Français, PDF 1 MB) 取扱説明書
50K13取扱説明書

647G1754=ALL_INT

Instructions for use | 50K13 Genu Arexa
Download (Français, PDF 1 MB) 取扱説明書
適合宣言書
50K13適合宣言書

4840869

Declaration of Conformity for 50K13
Download (Français, PDF 168 KB) 適合宣言書
よくあるご質問と回答

ご質問への答え

治癒を早めるためにはどうしたらいいですか?

可能な限り効果的に治癒を促進するためには、最初からGenu Moveのエクササイズプログラムに従って膝のエクササイズを行い、可能であれば自宅でもそれを繰り返してください。まず、主治医にご相談ください。

動きのある訓練のときは、ブレースを外したほうがいいですか?

特に初期の段階では、リハビリテーションの練習中もブレースを装着してください。装着した状態であれば、グラフトを守りながら安全にトレーニングを行うことができます。

就寝時にブレースを外していても大丈夫ですか?

夜間でも膝を動かして関節の位置を変えてしまうと負担が大きくなります。そのため、夜間にもブレースを装着するのが賢明です。 

なぜブレースを装着しなければならないのですか?

ブレースは十字靭帯グラフトを保護するだけでなく、付随する損傷(半月板、側副靭帯、軟骨)の治療をサポートするものです。ゲニュ アレクサなどの膝用ブレースは、負傷のある膝を安定させ、不要な動きを防止すると同時に、膝への体重負荷をコントロールしながらそれをゆっくりと動きに移行することができます。ゲニュ アレクサでは、主治医と相談しながら徐々に可動域を広げていくことができるため、すぐに仕事や日常生活に復帰することができます。

ブレースを装着したまま、普段通りに仕事をすることはできますか?

主治医にご相談になってください。

ブレースはどのようにして清浄するのでしょうか?

ブレースから布パーツを取り外します。
面ファスナーを全て閉じます。
市販の中性洗剤を使用し、30°Cの温水で布製パーツを洗います。しっかりすすいでください。
自然乾燥させます。直射日光、暖房、または放熱器など、火や熱を直接あてて乾燥させないでください。
プラスチック部品は、湿った布で拭くことができます。