地域を確定してください

お住まいの地域をご確認いただくか、国のリストからお選びいただき、現地の Ottobock にお問い合わせください。いつでも正しいサイトをご覧いただけるよう、今後はお客様がお選びになった地域のサイトに接続します。

e-mag 17B203 seminar stage _JA-JP
e-mag 17B203 seminar stage _JA-JP
2024.8.3開催

日本におけるE-MAGアクティブの実例

お申込みのためにアクセスいただいた方は、こちらのボタンからお進みください。

開催日:2024年8月3日(土) 
会 場:オットーボック・ジャパン(株)

開催にあたって

KAFO ユーザーも遊脚期に膝を曲げられると代償運動が少なくなり、身体の負担は減少します。
しかし、同時に安全性はどうなのか、実際の生活で困ったことはないのか、製作はどうなのか。


気になることも出てきます。そんな疑問を解消できる1日のセミナーを企画しました。

AM製作デモ

製作デモセミナー

午前は、本体ラミネーションや装具ではあまりないバッテリーなどの収納箇所となるカバー製作など、デモ形式で一連の作業をご覧いただけます。ラミネーションする方法で進めますので、ラミネーション装具に慣れてない方もこの機会にご参加ください。
参加定員が少ないので、お早めにご検討・お申込みください。

参加対象:義肢装具士、製作技術者
募集人数:6 名
参加費用:2000 円
 *午後のセミナーもご参加いただけます。(追加参加費なし)

seminar-e-mag3
PM講義

日本におけるE-MAGアクティブの実例

午後はE-MAGアクティブユーザーとその担当義肢装具士をお招きし講義をしていただきます。固定膝継手からE-MAGアクティブに変更して生まれた生活や気持ちにおける変化など、現在に至るまでの経緯をうかがっていきます。また、実際の歩行やキャリブレーションの実演をご覧いただきます。
担当義肢装具士からはユーザー選定の決め手や製作・適合での経験をお話いただきます。おふたりのご講演から「候補者がユーザーに変わるまで」がわかる内容になっています。

参加対象:医療従事者(医師、義肢装具士、理学療法士など)
募集人数:20名
参加費用:2000円

講演者

講演者

徳永 博幸 先生

E-MAGアクティブユーザー、写真右
脊髄不全損傷より固定膝継手KAFOを使用していたが、2023年6月よりE-MAGアクティブを使用。

南 安晃 先生

担当義肢装具士、写真左
有限会社ピー・オー・テック

e-mag-seminar-1

タイムスケジュール

9:00 参加者受付開始
9:30 講義・デモ
    ラミネーションで作るE-MAGアクティブ
13:00 参加者休憩
13:30  「日本におけるE-MAGアクティブの実例」参加者受付開始
14:00 E-MAGアクティブ概要 オットーボックスタッフ
14:20 「「E-MAGアクティブの製作経験とPOから見るユーザーの歩容変化」南安晃先生
15:00  「E-MAGアクティブがもたらした生活の変化」徳永博幸先生
15:40   休憩
16:50 質疑応答 徳永様の試歩行、実演(キャリブレーション) 
16:30   関連パーツ紹介 タンゴ
16:50 セミナー終了予定
申込方法

申込方法

それぞれ下記の申込ページよりお申込みください。

セミナー会場

セミナー会場

【会場】
オットーボック・ジャパン(株)新オフィス
〒105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル 4階
当日は北側の「土日専用出入口」へお越しください。

【アクセス】
- 「大門」駅  徒歩3分(都営浅草線・大江戸線) 
- 「御成門」駅 徒歩4分(都営三田線) 
- 「浜松町」駅 徒歩7分(JR、東京モノレール)

【注意事項】
車でお越しの際は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

オットーボック・ジャパン ラウンジセミナー会場マップ

関連ページ

2914518

E-MAGアクティブ

E-MAGアクティブは歩行周期中の遊脚期を見極めて、ロックを解除します。コントローラーとバッテリーもKAFOに取り付けられ、小型でシンプルな機能でありながら、膝を曲げて歩行できるという大きなメリットを生み出すことができます。