地域を確定してください

お住まいの地域をご確認いただくか、国のリストからお選びいただき、現地の Ottobock にお問い合わせください。いつでも正しいサイトをご覧いただけるよう、今後はお客様がお選びになった地域のサイトに接続します。

metal bending o_JA-JP

ジョイント システム

ジョイントシステムとは

オットーボックの装具製品には、装具材料の膝継手や支柱あぶみなどが含まれます。モジュラーシステムを採用しており、ジョイントシステムと呼んでいます。半既製装具とは異なり、それだけでは装着できない装具材料のことです。

関節の代わりをする継手はそれぞれ異なる機能を持っており、継手中心にまとめています。

*一般ユーザーの方でご購入検討されている方は、お掛かりの医療機関やご担当の義肢装具士にご相談ください。詳しくは購入についてのページをご覧ください。

一覧

一覧表ダウンロード

モジュラーシステムは各部位をそれぞれ選べるといういい点があります。組み合わせには少しルールがあり、それをわかりやすくご覧頂ける一覧表です。

技術情報

ジョイントシステム組み合わせ一覧

膝継手

リングロック

17B20/ 17B21/ 17B42

優れた耐久性を持つ、ステンレス製のリングロック式膝継手です。手動による確実なロックが可能です。

特長
・ステンレス製
・リングロック式の簡単ロック&ロック解除操作

17B20

リングロックの関連パーツ

ベールロック

17B23K/ 17B23/ 17B45

操作性と膝の安定性を考えたステンレス製のベールロック式(スイスロック式)膝継手です。
17B23Kは短いショートタイプのレバーで、手動解除とケーブルを引っ張って解除する方法を選択できます。17B23/17B45はレバーが長くなっており、曲げ加工を施し後面で連結することが可能です。

特長
・ ステンレス製のスイスロック式膝継手
・簡単なロック解除操作
・膝関節伸展位での自動ロック機構


17B23k/17B23/17B45

ベールロックの関連パーツ

ウェッジロック

17B105

装着者の快適性を向上させる軽量かつ丈夫なチタン製のウェッジロック式膝継手です。
安全で支持性が高く、ケーブルリリースによりスムーズに解除できる簡便性を備えています。

特長
・チタン製
・ ケーブルリリースでの簡単ロック解除操作
・ 膝関節伸展位での自動ロック機構
・ 突起のない一体型構造で衣服の引っかかりを防止
・ 膝軸後方オフセットによる安全設計

17B105 o_JA-JP

ウェッジロックの関連パーツ

オフセット

17B26/ 17B47

膝軸を後方に位置させ、膝関節を安定位にするオフセット継手です。
膝軸は支柱より16mm後方に位置しています。

特徴
・丈夫なステンレス製
・スタティックアライメントで安定位のオフセット。

17B26/ 17B47 o_JA-JP

オフセットの関連パーツ

足継手

ネクスギア タンゴ

17AD100

ネクスギアタンゴ足継手は、各パーツを選んで使用するモジュラー足継手です。底背屈方向の制限・制動に対しモジュールパーツを選択し、ユーザーに必要な機能を備えた装具にすることができます。

特徴
• 3種のモジュ―ルパーツより底背屈の制限や制動を設定し、ユーザーに必要な機能を満たすことができる。
• モジュ―ルパーツの調整によってリハビリ過程における変化にも対応できる。
• 豊富なサイズ展開により、小児から大人まで成長に合わせて選択することができる。
• 片側支柱の設計にも対応。
• 継手本体となるベースピースは、ステンレスとチタンから選択することができる。



17Ad100 o_JA-JP

ネクスギア タンゴの関連パーツ

ネクスギア タンゴはラミネーションで製作するパーツです。底屈方向、背屈方向のモジュールパーツをそれぞれ選択してください。

ユニラテラルアンクルジョイント

17LA3N

支柱幅に合わせて5段階の大きさがあり、適応体重を確認した上で片側足継手と両側足継手を選択できる足継手です。

17LA3N o_JA-JP

ユニラテラルアンクルジョイントの関連パーツ

ユニラテラルアンクルジョイントはラミネーションで製作するパーツです。

マルチファンクション

17B66

下肢装具の足部に用いるダブルクレンザックタイプの足継手です。 付属のバネ(コイルスプリング)、ロッド棒(大)、ロッド棒(小)と組合わせることで、足継手の固定、底背屈可動域制限、底背屈方向への補助およびその背屈補助力の微調整をすることができます。

17B66 o_JA-JP

マルチファンクションの関連パーツ

モジュラー足継手 制限付

17B62/ 17B57

下肢装具の足部に用いる足継手です。必要に応じて、接続する足部用のあぶみを加工し、足関節固定および可動域制限の調整が可能です。

特長
・ ステンレス製
・ 足継手の固定、底背屈方向への可動域制限

17B62/ 17B57 o_JA-JP

モジュラー足継手 制限付の関連パーツ

モジュラー足継手 背屈補助付

17B63/ 17B59

背屈補助機能付の足継手です。必要に応じて、接続するあぶみを選択することで足継手の固定、底背屈方向への可動域制限することができ、付属のバネ(コイルスプリング)をネジで締めこむことで、足関節背屈補助およびその背屈補助力の調整を行えます。

特長
・ ステンレス製
足関節背屈補助機能付
・ 足継手の固定、底背屈方向への可動域制限

17B63/ 17B59 o_JA-JP

モジュラー足継手 背屈補助付の関連パーツ

カーボン アンクル セブン

17CF1

金属支柱式の足継手と比較すると、カーボン製で軽量素材のため、歩行効率の向上が期待されます。

17CF1: joint sysytem o_JA-JP

エクシブル

17AF10

足関節を底背屈方向に動きを限定する、フレキシブルな素材でできている足継手です。後方バンパーにはスナップストップをご利用いただけます。

特徴
• ヘックスローブネジの起用で落ちにくく、回しやすい
• ナットにもヘックスローブレンチをかませることが可能
• ダミー同梱で毎回精度の高いモールドが可能

17AF10 : joint system o_JA-JP
AFO用後方バンパー

スナップストップ

17S1

4種類の 厚みの本体を差替えることで装着者に合わせた底屈・背屈角度の変更が可能です。 高密度のポリウレタン製のため優れた耐久性があり、歩行時の衝撃や音を吸収します。

17S1 o_JA-JP
肘継手

コレクションジョイント

17BK1

レバー操作により可動域モードの切替えができるコンパクトな継手です。角度はウォームギアで無段階に調整でき、任意の角度に設定が可能です。過度の荷重がかかる使用には適していません。

17BK1 o_JA-JP

モード切替

17Bk1 function 1 : joint system o_JA-JP

モード1(マーク青)

屈曲120度から伸展20度の範囲で自由に動く、可動域フリーモード。

function 2 17BK1 : joint ystem o_JA-JP

モード2(マーク黄)

設定した角度まで動く、可動域制限モード。

function 3 17BK1 : joint system Oo_JA-JP

モード3(マーク赤)

固定設定した任意の角度で固定する。

コレクションジョイントの関連パーツ

支柱

モジュラー支柱

関連情報

関連情報

装具の製作マニュアル


お問い合わせはこちらへ