筋電義手

動画集:マイオボック小児用

筋電義手の仕組み

筋電電動義手(筋電義手)は、筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流(表面筋電位)を電極で採取し、ハンドの開閉モーターのスイッチとして利用する仕組みの義手です。

ケーブル操作でハンドを開閉する能動義手と異なり作業する空間を選びません。
さらに小児用ハンド8E51には、最大3.5kgの把持力が備わっているため重量のある物、薄い物をしっかり掴む動作が非常に得意です。

例えば、ハサミを使う際に紙をしっかり掴めたり、大きい鉛筆削りを掴めたり、お弁当の風呂敷を包めたり、両手でできる動作が増え日常生活の幅が広がります。

機能の詳細は製品ページをご覧ください。

マイオボックシステム小児用はこちら

筋電義手でできる事

筋電義手の大きな特徴である把持力、作業空間を選ばない事。これによって様々な両手動作が可能になります。

お子さんの生活の中でどのような日常的な動作が可能になるか、ぜひ動画をご覧ください。

関連情報

義手の関連動画

筋電義手

マイオボックハンド8E38の動画

8E38の動画はこちら

8E38マイオボックハンドには、開閉スピードおよび筋電義手の制御方法の違いによって4種類あります。
リストローテーター(10S17/13E205)の機能もご覧いただけます。

筋電義手

作業用グライファー8E33の動画

8E33の動画はこちら

グライファーの特徴は、通常のハンドと比較して、把持力が強い、開閉幅が広い、物を掴む面が平らで広い事です。
仕事場や特別な作業の場面において、さらに筋電義手の可能性を広げることができます。

筋電義手

ミケランジェロハンドの動画

ミケランジェロハンドの動画はこちら

ミケランジェロは機能はもちろん、見た目もより自然であることを追求して誕生した筋電義手です。
拇指ラテラル位での把持が加わった事で、身体のバランスが良い事にもご注目ください。

上肢

義手トレーニングの動画

義手のトレーニング動画はこちら

オットーボックのセラピストが自宅でできる運動を紹介しています。
座ってできるストレッチなど簡単な運動もあります。ご自宅でもぜひ試してみてください。