義足

コンピューター制御足部

足部は、足に代わりとして外観や機能を補う部品です。

コンピューター制御の足部は、歩行状況を検知し底背屈の動きをリアルタイムに制御します。
足関節が底背屈することで、坂道の上り下りや、不整路面での歩行がより滑らかになります。

Meridium メリディウム

メリディウムは背屈と底屈の動きをコンピューターで制御する足部です。歩行状況や路面環境をリアルタイムに検知し、油圧シリンダーを制御します。

さらにメリディウムは、MP関節部が足関節部に連動して可動します。これによって踏み切りの最後まで義足に荷重することができ、健側とのバランスもよくなり歩容も綺麗になります。

義足 コンピューター制御足部 Meridiumメリディウム
取扱い製作施設

取扱い製作施設

オットーボックのコンピューター制御製品の適合および調整には、専門的な調整技術が必要となります。
ライセンスセミナーを受講し、オットーボックのコンピューター制御製品をお取扱いいただいている全国の義肢製作施設は、リンク先のリストでご覧いただけます。

メリディウム 取扱い製作施設
メリディウム 取扱い製作施設
C-Leg 取扱い製作施設
C-Legの取扱い製作施設はこちら
ジニウム 取扱い製作施設
ジニウムの取扱い製作施設はこちら
Kenevo 取扱い製作施設
Kenevo 取扱い製作施設
関連情報

義足継手の関連製品

コンピューター制御膝継手

歩行の全て(立脚相と遊脚相の両方)をコンピューター制御する膝継手です。
1997年に初代C-Legが登場してからオットーボックのコンピューター制御膝継手は日々進化を続けています。

コンピューター制御膝継手の情報はこちら

お問い合わせはこちらへ