義足 構造と仕組み 7E9股継手 油圧シリンダー内蔵 衝撃吸収 踵接地 滑らか 柔らかい

股継手

股義足は「股関節離断」、「片側骨盤離断」の方が使用する、股関節の役割を果たす義足パーツです。

油圧制御する新しい股継手も開発されています。

7E9 股継手 油圧シリンダー内蔵

【完成用部品認可】

油圧シリンダーを搭載した画期的な股継手です。股義足の歩行を生理学的な歩行により近づけます。
内蔵の油圧シリンダーが立脚相と遊脚相の両方をコントロールします。

義足 構造と仕組み 7E9股継手 油圧シリンダー内蔵 衝撃吸収 踵接地 滑らか 柔らかい

7E7 伸展補助装置内蔵チタン

【完成用部品認可】

特徴
・歩行時の股関節屈曲域が調整が可能
・チタン製で軽量
・体重制限100kg

ラミネーションプレートは7E9と同じです。



義足股義足 股継手7E7 伸展補助装置内蔵チタン
関連情報

義足の関連製品

コンピューター制御膝継手

歩行の全て(立脚相と遊脚相の両方)をコンピューター制御する膝継手です。
1997年に初代C-Legが登場してからオットーボックのコンピューター制御膝継手は日々進化を続けています。

コンピューター制御膝継手の情報はこちら

お問い合わせはこちらへ