地域を確定してください

お住まいの地域をご確認いただくか、国のリストからお選びいただき、現地の Ottobock にお問い合わせください。いつでも正しいサイトをご覧いただけるよう、今後はお客様がお選びになった地域のサイトに接続します。

MPK

コンピューター制御膝継手

義足コンピューター制御膝継手C-Leg4-image14-hero_JA-JP
義足コンピューター制御膝継手C-Leg4-image14-hero_JA-JP
義足コンピューター制御膝継手C-Leg4-image14-hero_JA-JP

オットーボックのMPK

1997年に初代C-Legが登場してからオットーボックのコンピューター制御膝継手は日々進化を続けています。

大きな特徴は「デフォルトスタンス」という基本設定を採用していることです。
これに「コンピューター制御」された「油圧調整」や「イールディング機能」を組み合わせることで、安全性と活動性の両立を実現しています。

コンピューター制御膝継手は、高活動ユーザー向けと思われがちですが、この「デフォルトスタンス」は、確実な安定が必要な低活動の方にとって頼りになる機能です。

コンピューター制御膝継手は、MPK(Microprocessor Controlled Knee)と呼ばれることもあります。
     

義足コンピューター制御膝継手GeniumジニウムX3-image1_JA-JP
製品ラインナップ

製品ラインナップ

Genium ジニウム

【完成用部品認可】

C-Legよりも「安全」、「自然な歩行ができる」、「ADL(日常生活動作)の幅を広げられる」、「義足から得られる結果を向上したい」といった、ユーザーからの強い要望を受けて開発されました。

大きな特徴は、人の歩容と同じように膝が軽く曲がって着地すること。
平地歩行で自然な歩容を可能にするのはもちろん、上り坂では棒足状態の義足を乗越える動作の必要がなく、前方への体重移動をスムーズに行う事ができます。
自然な歩容は身体への負担も軽減してくれます。

義足コンピューター制御膝継手Geniumジニウム-standing1-original_JA-JP

Kenevo ケネボ

【完成用部品認可】

Kenevoは、低活動ユーザーや高齢で安定感を必要とするユーザーにとって安心のアシスト機能を搭載しています。日常的に発生する座り動作や、立ち上がり動作を安全にそして楽にしてくれます。

さらにユーザーの状況や生活環境に応じて歩行モードを切替えて使用することもできます。適した機能に随時切替が可能なため、リハビリ段階での使用にも適しています。

コンパクトなボディーの中に、できる限りの安定性機能を詰め込みました。

義足コンピューター制御膝継手Kenevoケネボ-modeB6_JA-JP

C-Leg4

【完成用部品認可】

4世代目のC-Leg(通称C-Leg4)は、新たにジャイロセンサーが搭載され、センサーの検知能力が向上したことで、歩行の状態をより瞬時に把握することが可能になりました。
非常に評価の高い直感的に働くロック機能など新しい機能も搭載され、安全面と機能面においてさらに進化しています。

義足コンピューター制御膝継手C-Leg4-image7_JA-JP

GeniumX3

ジニウムの機能に完全防水、防塵、耐腐食性を兼ね備えた最強のコンピューター制御膝継手です。
活動の場所を制限されない、諦めることは何もない、普通であり続けられること、それこそが最強たる所以です。

義足コンピューター制御膝継手GeniumジニウムX3-function9_JA-JP

3F1 ファンクショナル コスメチック

【完成用部品認可】

C-Leg4、Genium用のコスメチックカバーです。
プラスチックのプロテクターはかっこいいけれど、義足を左右均等な形状に仕上げたい、という方の要望に応えて誕生しました。

義足外装3F1 mage6_JA-JP
取扱い製作施設

取扱い製作施設

オットーボックのコンピューター制御製品の適合および調整には、専門的な調整技術が必要となります。
ライセンスセミナーを受講し、オットーボックのコンピューター制御製品をお取扱いいただいている全国の義肢製作施設は、リンク先のリストでご覧いただけます。

C-Leg 取扱い製作施設

関連情報

義足継手の関連製品

膝継手

膝継手は膝より上位で切断した場合に使用する部品です。油圧制御や空圧制御など様々な種類があります。

膝継手の情報はこちら

お問い合わせはこちらへ