コンピューター制御膝継手C-Leg4-25周年 新色
完成用部品

C-Leg4

試着をご希望の際は、担当の義肢製作施設へご相談ください。

C-Legは25周年を迎えました!

1997年に世界で初めて歩行の全て(立脚相と遊脚相の両方)をコンピューター制御する義足として発売されてから、今年25周年を迎えました。

新色ミッドナイトシャドー(右)が加わり、パールブラウンとの2色展開に!

今回、本体後方の充電口がスライド式になり、片手でも充電操作がしやすくなりました。
センサーの検知能力もさらに向上し、より遊脚相への切替えがスムーズになり、座位動作のサポートオプションも加わっています。

路面の変化や歩行スピードを意識することなく、友達と会話をしながら歩いたり、ウィンドーショッピングを楽しんだり、そんなあたり前の生活を可能にするのが、C-Legです。

C-Legは今後も進化し続けます。

義足コンピューター制御膝継手C-Leg4-25周年記念 新色
技術

C-Leg4の技術

C-Leg4の基本構造

C-Leg4は「デフォルトスタンス」という基本設定に、「コンピューター制御」された「油圧調整」や「イールディング機能」を組み合わせることで、安全性と活動性の両立を実現しています。
          
プラスαの動きが可能になるだけでなく、健側の負担軽減にもつながります。
歩行中すべての期間(立脚相と遊脚相の両方)をコンピューターで制御しています。

歩行の特徴

C-Leg4歩行の特徴

平地歩行

遊脚相(義足が地面から離れて振られている期間)では、歩行速度や歩幅に関わらず、一定の角度(65°)に曲がります。両側義足の方や、低活動の方でゆっくり歩かれる場合でも、地面との間隔が充分にとれ安全な歩行が可能です。
          
この65°という角度は、一般的に人が普段歩く時に振りあがる角度のため、歩容も綺麗になります。

特殊機能

C-Leg4の特殊機能

立位機能

膝継手を曲げた状態で静止すると、膝継手は瞬時にロックします。歩こうとすると瞬時に解除されます。この機能は直感的に働きます。

信号待ちや電車で立っている時、ちょっとした立ち話の時でも、C-Leg4に体重を預けることができるため、健側の負担軽減にも繋がります。

C-Leg4の新機能の中で、最も評価の高い技術の1つです。

充電

電池容量

C-Legはリチウムイオン電池を内蔵しています。
航空機での移動において、容量の確認を受けた際には、下記をご案内ください。

品番:3C98
品名:C-Leg
バッテリーのWh:11Wh
シリンダー内オイルの引火点:引火性のオイルではないシリコーン系のオイル

充電

充電口がスライド仕様になりました!片手でも操作が容易です。

1回の充電で約40~45時間使用が可能です。
使用可能時間は、使用状態によって大きく異なりますので、必ず毎日充電を行ってください。

【空の状態から充電時間の目安】
約8時間:満充電
約4時間:80%
約2時間:50%

【急速充電】
空の常態から約1時間で、30%まで急速充電されます。
万が一充電を忘れてしまった場合は、朝出がけに1時間だけでも充電してください。

【充電がなくなった場合】
複数回の警告(ビープ音とバイブレーション)の後、自動的に安全なモード(膝折れしにくい状態)に切替わります。

義足コンピューター制御膝継手C-Leg4 スライド充電口

充電器

完成用部品

4E50 / 757L16 充電器

C-Leg4用の充電器です。4E50をC-Leg4の充電口に挿入し充電します。 4E50のLEDライトで、充電状況が判別できます。
 
【重要】充電は +10°C ~ +45°C内で行ってください。
 範囲外の場合は、C-Leg4が4回の短いビープ音を約20秒間隔で発します。
 正常に充電が行えません、ご注意ください。

構成パーツ

構成パーツ

完成用部品

チューブアダプター34mm径

34mm径チューブアダプター(左:2R57/2R58) を組合わせます。トーション機能付き(中:2R67)、防水機能付き(右: 2WR95)を選択する事もできます。
    

ダウンロード

製品カタログ

Catalog

C-Leg4 コンピューター制御膝継手

ユーザーガイド

InstructionsforUse

C-Leg4 ユーザーガイド 2022.5版

InstructionsforUse

C-Leg4 コップピットアプリガイド 2022.5版

関連情報

C-Leg4の関連情報

C-Leg 取扱い製作施設

C-Legをお取扱いいただく義肢装具士の方には「ライセンスセミナー」を受講いただき、技術を習得していただいております。

C-Legの取扱い製作施設はこちら

膝継手の関連製品

コンピューター制御膝継手

Kenevo


お問い合わせはこちらへ