地域を確定してください

お住まいの地域をご確認いただくか、国のリストからお選びいただき、現地の Ottobock にお問い合わせください。いつでも正しいサイトをご覧いただけるよう、今後はお客様がお選びになった地域のサイトに接続します。

筋電義手 マイオボック成人用

筋電義手は、筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流(表面筋電位)を電極で採取し、ハンドの開閉モーターのスイッチとして利用する義手の事です。
筋電義手を試してみたい方は、担当の義肢製作施設または医療機関へご相談ください。

筋電義手とは

筋電義手とは

筋電(表面筋電位)とは、脳の命令により筋肉が収縮する際に発生する微弱な電流のことです。
筋電義手では、この筋電を専用の「電極」で採取し、モーターを動かすスイッチとして利用します。モーターが動くことでハンドが開閉し物を「つかむ」「離す」という把持動作ができるようになります。
そして筋電を出力させずリラックスしていれば、閉じたまま、開いたままの状態を保持することができます。

これが筋電義手の仕組みです。

通常、筋電を採取する電極は「開く」と「閉じる」のスイッチ用にそれぞれ1個ずつ、合計2個使用します。筋電が1か所しか採取できない場合は、スイッチと併用することも可能です。



筋電義手マイオボックシステム 8E38ハンド
特徴

筋電義手の特徴

筋電義手 マイオボックシステム 強い把持力/作業空間を選ばない

作業空間を選ばない

ケーブル操作でハンドを開閉する能動義手と異なり、作業空間を選びません。
頭の上、身体の横や後方でも、ハンドの開閉を行う事ができます。

例えば、洗濯物を干したり、ポスターを貼ったり、靴下を履いたり、身体から離れた場所でも開閉操作ができます。
    
筋電義手を使う事で、両手動作でできる事が増え、生活の幅が広がります。

ハンドの種類

ハンドの種類

機能や用途に合わせてハンドや作業用手先具をを数多く取り揃えています。

筋電義手8E70 bebionicハンド

8E70 bebionicハンド

多彩な把持パターンを可能にする5指駆動型ハンドです。
繊細な動きで "事務仕事などの軽作業" に適しています。ラテラルピンチが可能で、肩や肘による代償運動の軽減が期待できます。

8E70の機能はこちら
充電

バッテリーと充電器

筋電義手 マイオボックシステム 757B35=3バッテリー

757B35=3 バッテリー

バッテリーと充電ソケット(充電口)が一体となった構造で、ソケット内にバッテリーを内蔵する事ができ、すっきりとしたソケットに仕上げる事ができます。
  
容量:1150mAh
重さ:70g
充電器:757L35

肘継手・手継手

肘継手・手継手

筋電義手 マイオボックシステム 12K44エルゴアーム肘継手 AFB屈曲アシスト機能 機能/構成/仕組み
完成用部品

12K44 エルゴアーム 肘継手

筋電義手用の肘継手です。上腕義手の方にも筋電義手が使いやすくなります。
AFB(屈曲補助装置)を搭載しており、従来の能動肘継手と比較して少ない力で肘を曲げる事ができます。完全にロックする事も可能です。

12K44の機能はこちら
修理・メンテナンス

修理・メンテナンス

オットーボックの筋電義手(マイオボック)は、日本で修理することができます。
またその間の代替え品もご用意いたしますので、安心してお使いいただけます。

筋電義手の修理・メンテナンス

【保証:安心してお使い頂くために】

製品

保証

8E38、8E39、8E44 ハンド

3年

8E33 作業用グライファー

3年

10V38 屈曲リスト

3年

10S17 リストローテーター

3年

12K44 エルゴアーム

3年

電極、バッテリー、ケーブル類、充電器 など 

1年

【注意事項】
・弊社から製品が納品された日から上記期間中に故障が発生した場合には、無償修理いたします。
・保証期間内であっても、取扱説明書に記載の注意事項が守られていない、過失、活動度の変化(過負荷)、天災地変による場合などは有償修理となります。また、破損状況によっては修理をお受けできない場合もあります。
・他社製品との組み合わせや、使用方法などが原因による故障については保証をいたしかねます。
・故障や不調を感じられた際は、まず担当の義肢製作施設にご連絡ください。

ダウンロード

製品カタログ

カタログ

筋電義手 マイオボックシステム

結果1件/1件中

関連情報

筋電義手の関連製品

筋電義手

アクソンバスシステム

ミケランジェロハンドと組合わせて使用するシステムです。
マイオボックシステムよりも、見た目にも自然な筋電義手が欲しいというユーザーの強い要望から誕生したハンドです。

アクソンバスシステムはこちら