義足足部1C58タレオサイドフレックス カーボン構造 足底接地
完成用部品

1C58 タレオサイドフレックス

試着をご希望の際は、担当の義肢製作施設へご相談ください。

人気のタレオに回内外の動きが搭載

1C58タレオサイドフレックスには、タレオLPのピラミッド部分に、横の動きを可能にする「路面適応ユニット」が備わっています。

足関節の横方向への動き(回内外)は、様々な路面環境において足底接地を可能にし、安定した歩行を実現します。
この横の動きと、タレオの特徴であるカーボンの滑らかな動きで、踵接地の衝撃吸収からつま先離れまで、柔らかくスムーズな歩行を可能にします。

立位においても、この路面適応ユニットが有効に機能します。
日常生活における様々な立位姿勢や、バスや電車など乗り物で不安定な状況において、足部に動きがある事での安定を得る事ができます。

義足足部1C58タレオサイドフレックス カーボン構造 足底接地
特徴

1C58 タレオ サイドフレックスの特徴

1C58

快適な踏み返し

ベースの1C53タレオLPは、低床カーボン足部の常識を覆す滑らかな動きを実現しています。

踵接地からつま先離れが柔らかく流れるように動き、疲れの少ない歩行を可能にします。
さらに、ちょっとした方向転換といった日常動作もスムーズです。

機能

1C58 タレオ サイドフレックスの機能

1C58

耐水仕様

耐水性のあるチタンヘッドを採用しています。
突然の雨や、水場で仕事をされる方でも安心です。

フットシェルの足底には排水用の穴が施されています。
*水中での使用後は、十分に水分を拭き取り、乾かしてください。

サイズ

サイズ展開

サイズ22cmから30cmまで対応しています。小柄な方でもお使いいただけるサイズ展開です。

1C58

構造高さ

実長:85mm(25cm)
*標準フットシェルを履いた状態で、足底~上部接続アダプターが被る位置迄の高さ。
 荷重による踵部の圧縮分をあらかじめ考慮しています。
  
その他足部の実長(25cm)
・1C68:84mm
・1C53:60mm
・1D35:84mm

カテゴリー表

1C58のカテゴリー表

中活動の場合のカテゴリーです。高活動の場合は1つ大きいカテゴリを選択してください。
路面適応ユニットのカテゴリーはありません。
      

体重・サイズ

22cm

23cm

24cm

25cm

26cm

27cm

28cm

29cm

30cm

51kgまで

1

1

1

1

1

---

---

---

---

52 - 58kg

2

2

2

2

2

---

---

---

---

59 - 67kg

3

3

3

3

3

3

3

---

---

68 - 77kg

4

4

4

4

4

4

4

4

4

78 - 88kg

5

5

5

5

5

5

5

5

5

89 - 100kg

---

6

6

6

6

6

6

6

6

101 - 115kg

---

---

---

7

7

7

7

7

7

116 - 130kg

---

---

---

---

8

8

8

8

8


*22cm、23cmは幅狭タイプのみ、24cm、25cmは選択可能です。
*幅狭フットシェル:差高20mm/7~8mm細身です。紳士靴や女性用のパンプスにも最適です。

  
【貸出品】22cmから27cmまでご用意しています。 幅狭タイプの貸出品は、22cm、23cmを用意しています。

ダウンロード

製品カタログ

Catalog

足部 タレオ ファミリー

製品番号:1C50 / 1C53 / 1C58
機能動画

1C58 タレオサイドフレックス

オットーボック足部のスタンダートであるタレオシリーズに、横方向の傾きを吸収する1C58 タレオ サイドフレックスが新登場!
路面適応ユニットが傾きを吸収することで、足の裏全体が地面に接地し安定した歩行が可能です。

関連情報

足部の関連製品

1C50 タレオ


お問い合わせはこちらへ