地域を確定してください

お住まいの地域をご確認いただくか、国のリストからお選びいただき、現地の Ottobock にお問い合わせください。いつでも正しいサイトをご覧いただけるよう、今後はお客様がお選びになった地域のサイトに接続します。

1C70 product(JAPAN)

1C70 エヴァント

新しい構造のカーボン足部が登場しました!
  
試着をご希望の場合は、担当の義肢製作施設へご相談ください。

新しい構造のカーボン足部が登場しました!
  
試着をご希望の場合は、担当の義肢製作施設へご相談ください。

エヴァントの特徴

エヴァントは、中活動ユーザーに適した新しい構造の足部です。

このユニークな構造によって、衝撃吸収能力、エネルギー蓄積と放出に優れています。
エネルギー効率がよく、前方への推進力があるため、長い距離を歩いても疲れにくいという評価をうけています。

さらに多軸的に可動域が大きく、岩場などの不整路面でも歩きやすい構造です。
街中のちょっとした段差や、坂道などにおいても、可動域が大きいことによって、足底面が接地している時間が長く安定感を得られます。

ぜひ試してください
・不整路面で歩くことが多い
・生活圏内に坂道が多い
・様々な歩行速度で歩く
・ハイキングなどの長距離歩行をする

1C70 エヴァント 可動域の大きさ

エネルギー蓄積と放出

エヴァントの特徴のひとつとして、エネルギー効率の良さがあります。
どのようにエネルギーが蓄積され、効率よく放出されるのかご覧ください。

エネルギー伝達の流れ

エネルギー蓄積:
ヒールウェッジにより、踵接地時のエネルギーを蓄積します。

エネルギー伝達:
踵接地から蓄積したエネルギーを、フレキシブルコネクションを通じてカーボンスプリングへ伝えます。

エネルギー放出:
踏み返し時に前方への大きな推進力を生みだします。

1C70 energy_JA-JP

仕組み動画

踵接地時に上部ウェッジが圧縮されることで、衝撃を吸収し、エネルギーを蓄積します。
上部ウェッジがエネルギーを放出することで底屈を促し、立脚中期への移行を制御します。
さらに下部ウェッジが圧縮し、エネルギーを蓄積します。カーボンスプリングと軸が連動し、前方への移動を力強くサポートします。
蓄積されたエネルギーは前足部から放出され、遊脚相への移行をスムーズにします。

青:エネルギー蓄積
緑:エネルギー放出

構造

エヴァントの構造

エヴァントはユニークな構造をした足部です。
どのように効率的なエネルギー蓄積と放出を実現しているのか、「エヴァントの特徴動画」も併せてご覧ください。

1C70 3点構造 エネルギーの伝達効率

3点構造

構造的に、踵・軸・つま先の3点で接続しています。この構造によってカーボンスプリングへの荷重が可能になります。
    
この結果、効率的なエネルギー蓄積と放出を、構造高さが低い足部において可能にしています。

可動域

エヴァントの可動域

エヴァントは従来のカーボン足部と比較して、可動性が大きいです。(当社製品比)
可動域が大きいことによるメリットを、ご自身の生活環境の中でイメージしてみてください。

1C70 エヴァント 衝撃吸収能力

衝撃吸収

踵接地時に最大24mmの衝撃吸収

・滑らかな踵接地とよりスムーズな足底接地
・身体への衝撃が少ない

動画

エヴァントの特徴

エヴァントの歩行の特徴や、大きなエネルギーの反発を得られる仕組みなどをご覧いただけます。

サイズ

サイズ展開

1C70 エヴァント 構造の高さ

構造高さ

実長:78mm(25cm)
*フットシェルを履いた状態で、足底から上部接続アダプターが被る位置までの高さ。
 荷重による踵部の圧縮分をあらかじめ考慮しています。
   
その他の足部の実長(25cm)
・1C58 タレオサイドフレックス:85mm
・1C53 タレオLP:60mm
・1C40 Cウォーク:89mm

カテゴリー表

カテゴリー表

*足部本体は左右兼用です
*足部本体のサイズは、22-23cm、24-25cm、26-27cm、28-30cmで共通です

体重・サイズ

22 - 23cm

24 - 25cm

26 - 27cm

28 - 30cm

58kgまで

1

1

---

---

59 - 72kg

2

2

2

2

73 - 86kg

3

3

3

3

87 - 100kg

4

4

4

4

101 - 125kg

---

---

5

5

ダウンロード

製品カタログ

カタログ

足部 1C70 エヴァント

関連情報

足部の関連情報

義足足部 1C50タレオ カーボン構造

1C50 タレオ