義手の種類と構造

義手には切断レベルに応じて様々な種類があります。
さらに機能や操作方法によって「筋電義手」、「装飾義手」、「能動義手」などがあり、ユーザーの要望や生活環境に応じて選択されます。

構造

義手の構造

断端(切断部)を収納するソケットと、切断レベルに応じて必要なパーツを組み合わせて製作されます。

前腕義手は「手先具(ハンドなど)」と「ソケット」、上腕義手は「手先具(ハンドなど)」「肘継手」「ソケット」で構成され、使用者のニーズによって義手の種類が選択され、それぞれのパーツが選択されます。

上腕義手/前腕義手 種類と構造と仕組み ハンド/リスト/手継手/肘継手/ソケット

義手の種類

義手には切断レベルによって「前腕義手」、「上腕義手」、「肩義手」などがあります。

前腕義手

前腕義手

TR(Trans-Radial)と呼ばれる事もあります。

切断レベル

前腕義手は、肘より下の部分の切断で、橈骨と尺骨を切断された場合に使用する義手です。

   

前腕義手

「手先具(ハンドなど)」と「ソケット」により構成されます。
筋電義手の場合は、断端部分に筋電位を採取する電極とバッテリーも取付けられます。
       

ハンド

手の機能や外観を補う義手の部品で、手の形をしたものや、作業に特化した形状のものがあります。筋電義手は他の義手よりハンドの把持力が強い特徴があります。
   

上腕義手

TH(Trans-Humeral)と呼ばれる事もあります。

切断レベル

上腕義手は、肘より上の部分の切断で、上腕骨を切断された場合に使用する義手です。
                    
     

上腕義手

「手先具(ハンドやフック)」、「手継手」、「肘継手」により構成されます。
筋電義手の場合は、断端部分に筋電位を採取する電極とバッテリーも取付けられます。
      

肘継手

肘の機能を代用するパーツです。前腕部の形状した継手や、支柱式の継手などがあります。
肘継手を任意の位置でロックができたり、軽く肘を触れたり、様々な機能を搭載しています。
    

手継手

手継手は、前腕部のソケットと手先具を接続するパーツです。手関節の回内外や掌背屈の機能をもつものがあります。筋電義手では筋電シグナルで回内外が可能なものもあります。
    

製品情報

義手の製品情報

筋電義手 ミケランジェロハンド
ミケランジェロハンドの機能はこちら
筋電義手 マイオボック成人用
マイオボックシステム成人用はこちら
筋電義手 マイオボック小児用
マイオボックシステム小児用はこちら
義手パーツ
義手パーツの情報はこちら
関連情報

義手の基本情報

はじめての義手

はじめて義手を装着される方へ、切断からリハビリテーションまでの一般的な流れなどをご紹介しています。

はじめての義手はこちら